超一流ホテルのマス・カスタマイズ。自分が欲しいサービスだけ提供される

超一流ホテルのマス・カスタマイズ。自分が欲しいサービスだけ提供される

女性が欲しがっているのは、超一流ホテルのような扱われ方?

超一流ホテルは、なぜ超一流なのか。

 

それは設備や什器が超一流だからではない。

 

豪華な設備や什器を備えるだけで良いなら、お金さえあればすぐに超一流ホテルになれる。

 

そうであればちょっと不況になれば、毎年のように超一流ホテルの倒産がニュースになってもよさそうな話だが、潰れるのは超一流ではなくて、超一流ホテル以外のホテルである。

 

つまり超一流なのは設備や什器のせいではなく、顧客の扱いが超一流で、高い金を払うだけの価値があるのだ。

 

そして、もう他のホテルには泊まれないなと顧客を思わせるから、超一流ホテルは潰れない

 

超一流ホテルでは、自分のホテルに一回でも泊まった顧客なら、全てのサービスを記録して、次回の宿泊に備える。

 

飲み物は何が好みなのか、ワインは何がよいのか、食事はどのようなモノを食べるのか、観劇やゴルフなどの趣味はあるのか。

 

枕や毛布などの寝具や、洗濯サービスの必要、問い合わせの内容など、宿泊している間に顧客が行動したことを逐一記録して、次回の宿泊に生かそうとする。

 

そうすると2回目に同じホテルを訪れたとき、自分が泊まる部屋は、何も言わないでも自分に合わせた枕や寝具が整っており、何も言わずともワインリストやゴルフコースの案内が出てくる。

 

そして3回4回5回と、同じホテルに泊まるともう、全く自分にカスタマイズされたホテルになってしまい、他のホテルに泊まったとき「気の利かないホテルだなあ」と感じ、他のホテルには泊まれなくなってしまうのだ。

 



本当は特別ではないが、特別扱いに感じるサービス

超一流ホテルというのは、泊まる回数が増えれば増えるほど、自分にカスタマイズされた部屋やサービスが用意されるようになる。

 

いわゆる「常連さんの特別扱い」みたいなもので何も言わずとも自分が必要とするサービスが、前もって用意されている。

 

しかし超一流ホテル側としては、そのお客さんを特別扱いしているわけではない。

 

どのお客さんに対しても同じ事をしていて、ゴルフをするお客さんにはゴルフコースの案内を、ワイン好きのお客さんにはワインリストを、観劇が好きなお客さんには演劇情報を、用意しているだけである。

 

つまりお客さんが求めるサービスをあらかじめたくさん用意しておき、お客さんごとに必要なサービスを提供し、不必要なサービスを出さないようにしているだけだ。

 

お客さんは自分に必要のない情報や、関心のないパンフレットが机の上にたくさん置いてあると、「ああ宣伝か」「ああ売り込みか」と思うけれど、関心や興味のあるモノだけが置いてあると楽しくなる。

 

またたとえば顧客がスヌーピー好きならば、スヌーピーの置物がさりげなく置いてあるとうれしいはず。

 

ハローキティが好きなら、ハローキティのグッズがさりげなく置かれていると、それだけで気分も違うだろう。

 

ホテル側には備品として、スヌーピーの置物やキティのグッズなど様々なキャラクターグッズがたくさん用意されていて、お客さんの趣味に合わせてそれを置き換えているだけなのだが、「自分のために特別に用意してくれたんだ」「自分のことを良く知ってくれているんだ」という気分でうれしくなる。

 

こういうのがマス・カスタマイズで、女性がされたい「特別扱い」は、まさにこういうことらしい。

 

NEXT:モテる男も、やってることは一流ホテルと同じ。

 

モテ男もマス・カスタマイズ


このサイトは「男女の違い」について、ウィキペディアや複数の書物、個人的な体験からまとめたものです。科学的根拠については出典を載せていませんので、参考程度にご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック
DaiGo監修!恋愛・婚活マッチング
with(ウィズ)
トップへ戻る