★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!成功を引き寄せるファッションプログラム

女性の買い物 3つの動機

女性が必需品以外の買い物をする場合、二通りの動機・理由があるようだ。

 

一つは、お菓子などの嗜好品を買う場合。

 

子供がいる場合、お菓子は必需品になるが、「子供が好きそう」「子供が喜びそう」と言う動機で商品を選んで買う。

 

あるいは「友達と食べると美味しそう」「仲間と集まるときに持っていくと良さそう」などと「〜そう」という感じでモノを選ぶ。

 

つまり必需品は「必要だから」という理由で買うし、嗜好品は「美味しそう」「楽しそう」「子供が好きそう」「お客さんに良さそう」という理由で買う。

 

一方、必需品でも嗜好品でもない、贅沢品やアクセサリーなどを買う場合、自分のお金で買う場合であっても、何らかの言い訳をしながらモノを買うことが多いようだ。

 

女性が貴金属を買うタイミング・理由は、記念日と自分へのご褒美だという。

 

つまり「自分へのご褒美」「○○記念」みたいな感じだが、不思議なのは、女性は息子の大学合格でも、なぜか平気で自分へのご褒美を買う。

 

どうも「息子が受験で頑張ったから、息子にご褒美」ではなく、「受験で色々苦労したり我慢したりした自分に、ご褒美」ってことらしい。

 

こういうお祝い事に便乗して、高額な商品を買うのが女性のパターンらしく、「高級○○」では売れないモノも「お祝い○○」では売れる事もあるという。

 

高級だろうが中級だろうが、高いモノは高い。

 

でもお祝いのためのモノならば、高くても構わない。

 

こういうのが女性の買い物の行動様式・エトスってことらしい。

 



女性は感情によって過去の記憶が蘇る

女性は、幸せな気分になれそう、と言う動機でモノやサービスを買う。

 

たとえば「美味しそう」と思って、一度も買ったことのない食品を買うとき、頭の中ではすでに「美味しいイメージ」が起こっている。

 

これは何かのキッカケで、記憶の中の「快」が蘇って買ってしまうということらしい。

 

というのも女性は、身体の感覚と記憶が結びつきやすい特徴があり、楽しい気分になると、過去の楽しかった記憶が数珠繋ぎのように思い出されたりするのだ。

 

逆に言うと、怒ると過去に怒った記憶が蘇り、怒りが怒りを呼んで、怒りが増幅する。

 

女性が些細なことで怒り始めたら、いつの間にか過去の話をドンドン持ち出してさらに怒りが大きくなるのは、こういう脳の仕組みかららしい。

 

とある人気女性キャスターも、ある番組で「怒り出したら、ダーッと頭の中に昔の事が思い浮かんで、あの時もあの時もあの時も、、って怒りが止まらなくなるんですよね」などと言っていた。

 

マイナスの感情も増幅し、悩めばやはり過去の辛い記憶が蘇り、悩みがドンドン深くなるのが女性のパターンだ。

 

女性はそうして、喜怒哀楽の感情が過去の記憶を蘇らせて感情を増幅させる。

 

なので女性が怒っていたり悩んでいるときは、その怒りや悩みを増幅させないように上手く話しかけるか、あるいは黙って見守っている方が良いということになる。

 

まあとにかく、女性が何か嗜好品を買っていたら、何か楽しそうだとか、良さそうと思って買ったんだなと考えればよいらしい。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトは「男女の違い」について、ウィキペディアや複数の書物、個人的な体験からまとめたものです。科学的根拠については出典を載せていませんので、参考程度にご覧ください。

コミュニケーション改善教材ランキング