モテる男も、やってることは一流ホテルと同じ。モテ男もマス・カスタマイズ

モテる男も、やってることは一流ホテルと同じ。モテ男もマス・カスタマイズ

高級なモノを揃えたら「特別」になるわけではない。

女性が望む「特別扱い」とは、超一流ホテルのもてなしと、同じだろう。

 

超一流ホテルは何が超一流なのか。

 

超一流の高級な設備を備えているから超一流かと思いきや、そうでもない。

 

そう言うモノは資金さえあれば、いくらでも作れるし真似できる。

 

しかも豪華さを求めるお客はすぐに飽きて、次はまた別のホテルに泊まりたくなる。

 

顧客が「次もまたここに泊まろう」と思うのが超一流ホテルの超一流たる由縁であって、外見的な贅沢さや高級感ではなく、顧客1人1人に対するサービスによって、顧客の心をガッチリつかんでいるから超一流なのだ。

 

こういうホテルは、たった1回宿泊するだけで、顧客の趣味や好みを把握し、次回の宿泊時の参考にそれを生かす。

 

なので2回目の宿泊からはもう、顧客にあった枕や寝具などは元より、好みの飲み物、好みのおつまみ、好みのサービスを用意して迎えてくれる。

 

さらに2回3回と宿泊回数が増えるに従って、まるで自分のことを全て知ってくれているかのようになり、顧客はもう他のホテルでは満足できなくなる。

 

豪華な設備や什器なら、お金を出せばすぐにでも用意できるが、こういう顧客1人1人に対する、こまやかなサービスというのは、長年の積み重ねがないと、作ることが出来ない。

 

女性が望む「特別扱い」も、恐らくはそう言うもので、ちょっとしたことや、ふと漏らした言葉でも、それを聞き逃さずに、女性がやりたいことを後押ししてくれることだろう。

 



モテる男のマス・カスタマイズとは

モテる男というのは、超一流ホテルのように、女性の好みや趣味を把握して、それをほめるための言葉を用意している。

 

髪型が変わったなと思ったら、「その髪型、似合ってるね」と言うし、カバンやアクセサリーが変わっていたら、「そのカバン、オシャレだね」などと言う。

 

アダム徳永さんの「毎日使える ほめ言葉」という本には、持ち物やアクセサリー、着ている服の色などをほめて、さらに女性が評価して欲しい内面をほめろと書いてある。

 

モテる男というのは、こういう「ほめる言葉」をたくさん用意していて、タイミング良くそれを言うことで、女性に「特別扱い」するわけだ。

 

また女性がポロッと一言漏らした言葉から、その女性のやりたいことなどを察知して、それに合ったモノを出せるのもモテ男の凄さだ。

 

女性がオシャレなレストランで食事をしたいのであれば、隠れ家的なオシャレなレストランに連れて行くし、落ち着きたいのであれば、落ち着いた美術館や博物館に連れて行く。

 

女性の言葉や様子を常に観察していて、女性が今まさに望んでいることをしてあげる。

 

そうすると女性は「特別扱いされている」という気分になり、「大事にされているんだ」と安心して頼ってくれる。

 

モテる男性というのは、女性を連れて行ける場所を色々知っていて、その時々に応じてそれを使い分けれるから、モテるのだ。

 

まさにこれがモテ男のマス・カスタマイズって事だね。

 

NEXT:


このサイトは「男女の違い」について、ウィキペディアや複数の書物、個人的な体験からまとめたものです。科学的根拠については出典を載せていませんので、参考程度にご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
イオン ツヴァイの愛傾向診断
恋愛傾向チェック
DaiGo監修!恋愛・婚活マッチング
with(ウィズ)
トップへ戻る