★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!成功を引き寄せるファッションプログラム

男が同時に一つのことしか考えられないわけ

男が話をするとき、何らかのゴールや問題解決を必要としている。

 

単なる世間話であっても、一つ一つに何らかの結論を出してから次の話に移ろうとする。

 

これは男性の脳が、いちいち結論を出していかないと、収まりがつかなくなってしまうせいなのだろう。

 

というのも男性の脳というのは、扁桃体という本能に近い部分を主に使うので、懸案が複数あると動かせなくなってしまうらしいのだ

 

これは人間の首が、右を向くのと左を向くのが、同時にできないようなモノだと思って良い。

 

同時に左右を見ることはできないと、右を見てから左を見るというふうに、順序を付けて問題解決を図らざるをえない。

 

男が論理的にモノを考えるのが得意というのは、一度に一つのことしか考えられないからであって、真剣に物事を考えようとすると、優先順位を付けて順番に考えるしかないってだけかもしれない。

 

それがつまり、男が会話で一々区切りをつけようとしたり、問題解決策を出そうとする理由の一つなんだろう。

 



男の脳は原因と結果を必要とする

男性の脳は一つずつ問題を処理する仕組みだ。

 

コンピューターで言うとシングルタスク、同時に一つのプログラムしか動かせない。

 

だからこそ物事に優先順位を付けて、論理的に考える必要が出てくる。

 

原因と結果をペアにしてでないと、次へ進めない

 

明石屋さんまさんなどはよく「なんでや?」と言っているが、そうやって理由付けが一々必要なのが男の脳だって事だ。

 

そしてたとえ同時に二つの作業をやったとしても、リソースの配分は大きく偏ってしまう。

 

たとえばメインが9割、サブが1割という風に。

 

テレビを付けながら作業をしていても、作業に邪魔なのでテレビを消すと言うことはよくある。

 

あるいは作業に没頭して、テレビが付いていることを忘れる場合も多い。

 

ところが女性の脳は、同時に複数のことができるという。

 

コンピューターで言うと、マルチタスク、同時に複数のプログラムを動かせる。

 

というのも女性の場合、主に大脳皮質を使ってモノを考えているらしい。

 

だからとっさの判断は遅いけれど、複数のことが同時に処理できる。

 

ただしこれは女性の脳の傾向であって、女なら誰でもそうだというわけではない。

 

男だって複数のことを同時にできるヤツはいるし、複数のことを同時にやれるというのは、利点でもあるし欠点でもある。

 

というのはマルチタスクは便利だけれども、トラブルも多いからである。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトは「男女の違い」について、ウィキペディアや複数の書物、個人的な体験からまとめたものです。科学的根拠については出典を載せていませんので、参考程度にご覧ください。

コミュニケーション改善教材ランキング