★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!成功を引き寄せるファッションプログラム

女性にはなぜブランド好きが多いのか

ブランド商品が好きな女性は多い。

 

ただ「ブランド」と言っても、様々だ。

 

バッグのブランドだとか、洋服のブランドだとか、口紅などの化粧品からシャンプーに至るまで。

 

ではなぜ女性がブランドに凝るかというと、実は「自分らしさ」「私らしさ」の表現方法だからと言うことらしい。

 

女性の多くは「私らしい」にこだわりがあって「私らしい服」「私らしいカバン」「私らしい口紅」がうれしいのだという。

 

グッチのカバンを持って街を歩く私。

 

シャネルのカバンとドレスを着て街を歩く私。

 

どうでしょ、凄いでしょう。

 

これが私よ」と言う気分らしい。

 

男性から見ると、何が凄いのかはよく分からんけれど、彼女らからしてみると「グッチが好きな私が私らしい」あるいは「シャネルが好きな私が私らしい」ということらしい。

 

それが似合っているかどうかは関係なくて、そう言う選択をしたこと自体が「私らしい」というわけだ。

 

なので「無印良品」だとか「無添加化粧品」も、女性にとって「私らしい」を表現するアイテムになる。

 

質素で簡素な商品を使うのが「私らしい」、健康に配慮した商品を使うのが「私らしい」、バカ高いブランド商品など目もくれないのが「私らしい」。

 

なのでそう言うブランド品を持っていたら、「それ似合ってるね」というと女性はたいてい喜ぶという。

 



自分に似合いそう、というのがブランド選択の動機

ブランドというのは「偏ったもの」だ。

 

同じ材料と同じ設計図でモノを作って、シャネルだとかグッチの刻印を押せば、ブランド品になると言うわけではない。

 

シャネルにはシャネルの、グッチにはグッチの特徴があり、一般の人気商品と比べたら、万人受けしない部分がたくさんある。

 

車で言えば、トヨタや日産の車は、大量に販売するために、最大公約数を求めて作った車で、できるだけ偏りを無くした車である。

 

だから女性はトヨタと日産の車を見分けられない事も多い。

 

トヨタのロゴと日産のロゴを付け替えても、たぶん分からない。

 

一般受けするというのは、そういうことだ。

 

一方、ベンツとフェラーリは同じ車と言っても形もかなり違うし、重要視していることも全然違う。

 

そして車の持ち主がベンツを選ぶかフェラーリを選ぶかはその人なりの価値観の違いであって、自分が車に対して重要だと感じていることを、どちらがうまく表現してくれているかという差であるわけだ。

 

オレは頑丈な車が好きだからベンツ。

 

オレは疾走感が大事だからフェラーリ。

 

こういう風にブランドは選ばれるわけだ。

 

ところが女性の場合はこういう機能やスペックに関心が薄くて、なんとなく雰囲気で「私らしい」に近い方を選択する。

 

「こっちの方が私に似合いそう」ということでモノを選ぶ。

 

だから「何故そっちを選んだのか?」と尋ねても、納得いく答えなど何も返ってこず「自分に合ってそうだから」と答えるのが普通だろう。

 

あるいは「友達と一緒にドライブするのによさそう」だとか、「子供を習い事に連れて行くのによさそう」だとか、そういう答えが返ってくるのが関の山。

 

どんなブランドを選ぶかは、本人しか分からない。

 

…というより本人にもよく分かっていないし、言葉にも出来ないから、そんなことを尋ねること自体、モテない男の質問だって事かもしれない。

 

「それ、似合ってるね」「君らしいね」と言うだけで充分だろう。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトは「男女の違い」について、ウィキペディアや複数の書物、個人的な体験からまとめたものです。科学的根拠については出典を載せていませんので、参考程度にご覧ください。

コミュニケーション改善教材ランキング