★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!成功を引き寄せるファッションプログラム

月経前と生理痛

排卵後の女性というのは不快なことが多い。

 

月経が始る前は月経前症候群PMS、月経が始ると生理痛。

 

月経が始る前になると、チョコレートが欲しくなるとか豆乳が飲みたくなると言うのは、女性の一種の防御反応だろう。

 

豆乳にはイソフラボンという成分があって、これが女性ホルモンのエストロゲン同様に働く。

 

排卵後はエストロゲンのレベルが下がっていて、プロゲステロンのレベルが高いため、イソフラボンをとることによってPMSや月経痛を和らげることができているのかもしれない。


 

月経の前に起こる症状としてウィキペディアの記述を引用すると、

月経前症候群・PMS(premenstrual syndrome)多くの女性は月経前数日、様々な不快を感じる(個人差はある)。

 

腰痛・腹痛・頭痛・むくみ・悪心・食欲不振・乳房の緊張など。

 

また精神的に不安定になって、落ち込んだり怒りっぽくなったりすることも多い。

 

黄体ホルモンの影響によると考えられる。

 

こちらは生理痛・月経痛の記述
月経期間中、痙攣のような腹痛を感じたり、腰が砕けそうな痛みを感じたり、足が痺れたり、身体が麻痺したり、下痢・悪心があったり、日常生活に支障をきたすような不調が起こること。

 

若い女性に多い。

 

妊娠経験後、痙攣性の腹痛を感じなくなる場合も少なくない。

 

女性は年をとるに連れて、月経痛やPMSに対処できるようになるということらしいが、しかしそう言う知識を持ってアドバイスしてあげることができれば、男の株も上がると言うものかも知れない。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトは「男女の違い」について、ウィキペディアや複数の書物、個人的な体験からまとめたものです。科学的根拠については出典を載せていませんので、参考程度にご覧ください。

コミュニケーション改善教材ランキング