女性との会話はガッカリすることが多い

女性と話をすると疲れる。

 

そういう印象がある男も多いはず

 

一生懸命、女性の話を聞いて会話するのだが、あとでものすごい虚無感に襲われたりする。

 

というのも男性と女性では、話をする目的が根本的に違う。

 

男性の多くはたいてい、何かの目的を持って持って話をしようとする。

 

話をすること自体に価値があるわけではなく、その先に何か叶えたい欲求があるわけである。

 

たとえば女性にモノを頼みたい、お金を借りたい、好きな女性への橋渡しを頼みたい、癖を直して欲しい。

 

そう言った何か自分が叶えたい欲求があって、そのために女性に話しかけるわけである。

 

ところがたいていの女性の場合、話をすることが目的であって、会話自体がゴールであることが多い

 

話をして良い気持ちになることが目的で、十分な時間、話をしてしまったらその時点で欲求が満たされてしまう。

 

そうなるともう、男性が求めている問題解決には興味がなくなってしまうし、男性を助けてあげようと言うインセンティブもなくなってしまう。

 

というのも人間は満足すると、何にもしなくなるのが普通であるから

 

だから男が問題解決のために女性と話をしてもムダで、会話に時間をとられた挙げ句に何も解決せず、徒労感を味わうことになる。

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI
★2018年秋・リニューアル!女性から一目置かれるファッションはこれ!
成功を引き寄せるファッションプログラム

行動を起こすには報酬が必要

男性が積極的に女性と話すには、何かご褒美が必要だ。

 

男というのはゴールを設定して、それを達成することに快感を覚えるので、ゴールと見返りがないと話せないのだ。

 

もともと会話に対して苦手な男性は、会話すること自体が苦痛であるから、報酬がないと積極的には話させないのだ。

 

これは心理学の「行動分析学」を知っていれば当り前の話だ。

 

行動分析学では、人間が何かの行動を起こすには、行動を起こした前後で何かが変わらないといけないと言う

 

つまり会話をする前と後で、会話をした人に何か利益がないと、積極的に話そうという行動が起こらないわけだ。

 

そしてこれは利益があるか損になるかで、行動が強化(strengthen)されたり、弱化(weaken)されたりする。

 

つまり

  • 「話してみた」→「利益があった」→「もっと話そう」
というように行動が強まるか、
  • 「話してみた」→「損した」→「話するのを止めよう」
というように行動が弱まるわけだね。

 

女性の場合、会話をすること自体や、話に参加わることに安心感を覚える傾向があるので、会話をすることが強化されていく傾向があるが、男性にはなかなか行動を強化する要素がない。

 

つまりこれが男が会話が苦手になる原因だ。


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトは「男女の違い」について、ウィキペディアや複数の書物、個人的な体験からまとめたものです。科学的根拠については出典を載せていませんので、参考程度にご覧ください。

コミュニケーション改善教材ランキング